気になる商品を検索して下さい!
欲しいものが見つかる便利な検索
↓↓↓



2010年09月04日

バイオハザード IV アフターライフ




【概要】:
英題:RESIDENT EVIL:AFTERLIFE
製作年:2010年
製作国:アメリカ/イギリス/ドイツ
日本公開:2010年9月10日
配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント

【解説】:
ミラ・ジョヴォヴィッチが最強ヒロインを演じて
大ヒットしたサバイバル・アクション・シリーズで、初の3D仕様となる第4弾。

ウイルス感染により荒廃した世界を舞台に、
生き残った人間を救うために立ち上がったヒロインのし烈な死闘を描く。

シリーズ1作目でメガホンを取ったポール・W・S・アンダーソンが
再び監督として返り咲き、
テレビドラマ「プリズン・ブレイク」のウェントワース・ミラーと
「HEROES/ヒーローズ」のアリ・ラーターが共演。

3作目のラストシーンに登場した東京から物語が始まることにも注目だ。


【ストーリー】:
ウイルス感染のまん延で世界は荒廃し、人間は滅びつつあった。

そんな中、生き残りの人間を探して世界中を旅するアリス
(ミラ・ジョヴォヴィッチ)は、
ロサンゼルスの刑務所に隠れて生き残る人間たちを見つける。

彼らを刑務所から脱出させるため、アリスはアンデッドとの闘いに挑む。




関連商品はコチラ

posted by 金太郎 at 17:45| Comment(1) | SF | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月16日

「アバター特別版」上映決定

アバターの特別版がまた映画館で見れるチャンス!

ジェームズ・キャメロン監督と米20世紀フォックス映画は
日本時間8日、全世界の興行収入歴代1位となる27億3000万ドル
(2010年7月7日現在)の記録を打ち立てた米3D映画『アバター』に
8分間の未公開映像を追加した<特別編>を再公開すると発表した。

全米では8月27日より、日本では10月16日から
3DおよびIMAX3D劇場で公開される。

同作は、昨年12月に公開され、
日本でも興行収入が154億7000万円、
観客動員数は985万人を突破(同)する大ヒットを記録した。

以来、日本でも3D上映に対応する劇場が飛躍的に増加し、
後に続いた3D映画も大ヒットに導くなど、
まさに社会現象を巻き起こした。

キャメロン監督は「観客から何度も、もっとパンドラを体験したい、
長く滞在したいと言われてきました。
そのため今回、それを可能にすることにしたのです。
『アバター<特別編>』は3Dのみで特別上映され、
新しいクリーチャーやアクションシーンを含む
8分間の未公開映像が追加されています。
すでに『アバター』のファンであるあなたも、
まだ観たことのないあなたも、
この特別編は初めての経験となるでしょう」とコメントしている。

秋の夜長にまたアバターを楽しみましょう!

アバター関連商品はコチラ

posted by 金太郎 at 09:11| Comment(0) | SF | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月23日

アバター




【解説】:
『タイタニック』のジェームズ・キャメロン監督が12年ぶりに発表した、

最新の映像技術を駆使して作り上げたアドベンチャー大作。

ある衛星にやって来た人類と、その星にもともと住む者たちによる

激しい戦闘を、迫力の最新3D映像で見せる。

出演者は『ターミネーター4』のサム・ワーシントンほか、

キャメロン監督とは『エイリアン2』以来久々にタッグを組むことになる

シガーニー・ウィーヴァーら実力派が顔をそろえる。

構想14年、製作に4年をかけたキャメロン監督による

壮大な物語と斬新な映像美に酔いしれる。


【あらすじ】:

下半身不随になり、車いす生活を送るジェイク(サム・ワーシントン)は、

衛星パンドラにやって来る。彼は人間とナヴィ族のハイブリッドである

アバターに変化を遂げ、不自由な体で単身惑星の奥深くに分け入って行く。

慣れない土地で野犬に似たクリーチャーに襲われていた彼は、

ナヴィ族の王女(ゾーイ・サルダナ)に助けられる。


【レビュー】:

3D映画をはじめてすごいと思った作品。

しかし、ジェットコースターに乗っているような

空中シーンとか、映画館で長時間見ると、少し酔います。

が、この作品は、素晴らしい。

人間愛、環境、民族、色んなメッセージがバランスよく調和され、

ジェームズ・キャメロンすごい!

この監督と同じ時代に生き、リアルタイムに彼の作品を楽しむことが

できることに幸せを感じました。

スターウォーズと並ぶか、それ以上に、誰でも1度は必ず見るべき映画。

posted by 金太郎 at 05:27| Comment(0) | SF | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。